wearewetpaint.com
Cart 0
WP_HEADER.jpg
WPxTKO_english_version (1).jpg

Wet Paint: An Artist’s Movement

Artist Persue moved to Brooklyn in 2014 searching for a clearer path for his fine art. Well respected in the international graffiti scene for both his letters as well as his famous street art character BunnyKitty, Persue’s illustrative approach carried over into multiple projects -- one came to him while commuting to and from his Red Hook studio. Persue often noticed Wet Paint signs while waiting for the subway. These signs, with their bold red letters, were instantly recognizable yet often ignored as a benign part of the urban scenery. He later realized that these signs were made specifically for the New York City subway system, which elevated them in his eyes, to an iconic piece of the setting where New York’s graffiti movement was born and thrived. In his Wet Paint practice, Persue (and his collaborators) utilize the iconic sign as a canvas, and studies their interaction with the artwork they apply. Through the process, each Wet Paint sign is transformed into a collectible piece of street art and graffiti history.

“WET PAINT: アーティストムーブメント

2014年、ストリートアートのパイオニアでもあるPERSUE(パースウェイ)は彼ならではのファインアートを明確化させる為、カルフォルニアからニューヨークのブルックリンに移住した。

彼のオリジナルキャラクター「BUNNY KITTY」や独特なタイポグラフィーはストリートアート界でも国際的に認識され、それをモチーフに描かれた作品は様々なプロジェクトとして繰り広げられた。しかし今回の作品は彼のアトリエRED HOOK STUDIO通勤中に閃いた「ニューヨークに移住したからこそ」描くことができた作品だと言う。

そのきっかけがニューヨークの地下鉄の至る所で見かける「WET PAINT」サイン。
この街のイコノグラフィーとして日常的に扱われニューヨーカー達は当たり前の様に通り越して行くが、外部の人達にとってはそこでしか手に入らない貴重で特有なサインなのだ。

サイン販売店の検討を続けるうちニューヨーク州都市交通局だけが扱える物だとわかり彼の目の中ではグラフィティーが生まれた都市ならではの貴重なアーティファクトとして捉えたのだった。

今回のアート活動はWETPAINTサインをキャンバスに、交通局が提供した明確なタイポグラフィーとPERSUEのグラフィティーの絡み具合を学習したものである。

コラボレーターとオリジナル作品を描く過程でサイン一枚一枚が物語るグラフィティーの歴史が象られたコレクターズアイテムでもある。

Flyer_small_WPxTKO_japanese_version.JPG

Contact Us

Name *
Name